読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライトノベルは斜め上から(16)――『帰ってきた元勇者』

こんばんは、じんたねです。

前日は、緒方てい先生と夕食食べてきて、とても楽しかったです。

 

さて、今宵のお相手はコチラ!

帰ってきた元勇者(1)

帰ってきた元勇者(1)

 

 

 

解題――青少年の夢はどこへいく

 

 

1.作品概要

可愛い女の子にあんなことやこんなこと 思春期男子の夢が詰まったハーレムラブコメ

 

かつて魔王を倒すため異世界に召喚された勇者ハルトは、見事魔王を倒すことに成功する。

世界を救った俺は女の子にモテモテ…そんな邪まな妄想を膨らませていたハルトだったが、すぐに元の世界へ強制送還されてしまった――!

「そんな馬鹿な!俺は異世界でハーレムを作りたかったのに!」

その純粋(?)な夢を叶えるため、元勇者ハルトは自力で異世界へ戻ることに。

しかし到着した場所は以前救ったの世界とは違うようで…?

 

 

2.ハーレムが欲しいって、どういうことだってばよ

本作品、すでに勇者として異世界で活躍し終えた人物が主人公。とある事情から、再び、異世界に戻って、そこから冒険スタートというお話です。今風にいえば2週目とでもなりそうです。

 

なので、主人公がチート的に強いのは、すでに織り込みずみです。そんな彼がわざわざ、どうして異世界に帰るのか。

 

――ハーレム欲しいから

 

「奥さん。聞きました? ハーレムが欲しいんですってぇ。最近の若者はお盛んねぇ・・・」なんて声が聞こえてきそうです。勇者としての能力や名声にかこつけて、異世界にいるあらゆる種族の女の子と懇ろになりたい。そう主張して憚らない。そんな本音が作品の冒頭から、述べられています。

 

いいのか勇者、それでいいのか元勇者

 

そしてその願望通り、あれよあれよという間に魅力的な女の子が登場し、主人公と仲良くなり、「あれ」な関係になってゆきます。1巻中にもかかわらず、そのスピードは容赦なしです。早いってばよ・・・。

 

女性陣の口説き方は、お世辞にもうまいとは言えませんが、本当に字義通りに「ハーレム」的な関係を結びます。直接的な描写はありませんが、そういう関係になっていることがハッキリ明記されていますし。

 

その情景は、おそらく青少年(男子)であれば、一度は夢見て(そして必ずや夢破れる)内容そのものなのだろうと推察します。だから快楽原則をピンポイントでついている読めばニヤニヤできること間違いなしでしょう。ただし電車とかで読むときは気をつけてください。1巻はまだ大丈夫ですが、巻数が進むにつれて挿絵が大変なことになっていきます・・・ごくり。

 

 

3.エロスの位相

ただし、ここからが本作品のユニークなところ。描写がさっぱりしています。私がいくつかのアダルティ気味なライトノベルで目にしてきた、そういう描写が、実は少なかったりします。

 

実際問題、がっつりR18を書いてしまっては、出版的な事情も関係してくるので難しいとは思うのですが、それにしてもさっぱりしている。

 

もっと言ってしまえば、健全、なんです。KENZENの意味じゃなく、元々の意味での「健全」。「いやお前、ハーレムのどこが健全なんだよ」とお叱りを受けそうなのですが、青少年の視線から眺めるエロス、なんです。性的なものに驚きと興奮さめやらない、青少年の時代。リアリティもそこそこに、憧れや不安や期待や嫉妬や、そういったものが、コメディチックな描写の行間から、あふれてくる

 

これはすごい。昔、何かのラジオ番組で大槻ケンヂさんがおっしゃっていたのですが、青少年に特有の性的なものへの志向というのは、とにかくパワーが違う、と。それがオジサンになった自分には羨ましい反面、あの報われない気持ちは二度と味わいたくない、とのことでした。

 

ピンとくるようなこないような。そのときは「へー」で終わっていたのですが、元勇者を読むことで、「これか!」と一気に理解してしまいました。これか、このリビドーのことかぁっ!! 

 

 

4.勇者はどこからきて、どこへ行くのか

そんな本作品ですが、もちろんストーリーも着々と進んでいます。現在、5巻が発売されたばかりですが、完結にむけてじわじわと。

 

元勇者が、新しい勇者として再び活躍するのか、それともハーレムを作りきって、そのまま元勇者の肩書におさまるのか。私の予想では、きっとハーレムを作り切ると同時に、あらためて世界も救っちゃう、という気がしています

 

だから、続きはよ!

 

帯の宣伝文句をまったく裏切らないクオリティの、本作品。青少年に戻りたいかたにも、おススメです。

(文責:じんたね)

 

そして次回予定作はコチラになります。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)